家族のかたち

人生の数だけ、物語がある。

「家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭に浮かぶのはどんな景色ですか? 



お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント?

同性のパートナー? それとも、ペット?



人生の数だけストーリーがあります。「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。



多様で豊かで、時には少し苦しい「家族のかたち」や、そこに関わる人たちの思いを伝えていきたい。



あなたの声を聞かせてください。
#家族のかたち
family@huffingtonpost.jp

反抗期の息子が抱きしめてくれた モデル・園田マイコさんが乳がんと闘った日々

ひとりじゃない。髪の毛はまた生えてくる。大丈夫よ。

反抗期の息子が抱きしめてくれた モデル・園田マイコさんが乳がんと闘った日々
カメラの前でまぶしい笑顔を見せた女性。モデルの園田マイコさんは、母であり、乳がんを経験した「がんサバイバー」でもある。
シングルマザーとして子どもを育てながらの闘病体験、暗闇から立ち上がることができた理由について話を聞いた。

「もしかして、家族なのかも」88歳の大家さんと40歳のお笑い芸人、ちょっと特別な関係

「もしかして、家族なのかも」88歳の大家さんと40歳のお笑い芸人、ちょっと特別な関係
細い体でいじられキャラ。バラエティ番組では体を張った罰ゲームをするお笑いコンビ・カラテカのボケ担当、矢部太郎さんは、8年前から一軒家の2階部分を間借りして「一人暮らし」をしている。

駅から近く、家賃は約9万円。

独身男性の自由を謳歌しているかと思いきや、実は1階に住む88歳の大家さんと「家族みたいな生活」をしているという。

夫婦別姓「伝統を守るべき」⇒「明日からチョンマゲな」 サイボウズ・青野慶久社長の“反論への反論”が痛快すぎる

ブログにつづりました。

夫婦別姓「伝統を守るべき」⇒「明日からチョンマゲな」 サイボウズ・青野慶久社長の“反論への反論”が痛快すぎる

サイボウズの青野慶久社長が、夫婦別姓を選べない今の戸籍法は法の下の平等に反するとして、国を相手に裁判を起こす準備を進めている。

青野氏は、実際に改姓し、不便さを経験した当事者。裁判のことがニュースで報じられると大きな注目が集まった。賛同の声が上がる一方で、反論も寄せられている。

さまざまな人間が持ち運んだ「自分の暮らし」が同居する場所ーー「雑居家族」のかたち

さまざまな人間が持ち運んだ「自分の暮らし」が同居する場所ーー「雑居家族」のかたち
一歩足を踏み入れたとき、なつかしさが心にあふれてきた。

その空間にはひとりの個性や一家庭の価値観がまったく反映されていない。

むしろ、さまざまな人間が持ち運んだ「自分の暮らし」が同居している。汚れているわけでも、散らかっているわけでもないが、まとまりはない。しかし、そこには確かにひとが暮らしている匂いが色濃くある。

夫婦は“2つめ”のフライパンを用意した。死に物狂いで逃げてきた、新しい「家族」のために。

「育てていて楽しい」と語るのはなぜ?

夫婦は“2つめ”のフライパンを用意した。死に物狂いで逃げてきた、新しい「家族」のために。

ドイツ人のルートさんとクノさんの家には、フライパンが2つある。夫妻はキリスト教徒、里子たちはムスリム。里子たちにハラル食を作り、別のフライパンで豚肉を焼くのだ——。

「難民危機の年」と呼ばれたドイツの2015年から2年。ドイツに滞在する難民たちの中には、両親を伴わず1人で入国した未成年者が少なくない。

言葉の知識も、頼れる親族もなしに異文化に投げ込まれた彼らを温かく受け止めるのが、ドイツ人の「里親」たちだ。

「夫婦別姓にしたぐらいで、家族の絆は弱まらない」。サイボウズ社長・青野慶久が我が子に伝えたこと

妻の姓に変えた経験が決断を後押しした。

「夫婦別姓にしたぐらいで、家族の絆は弱まらない」。サイボウズ社長・青野慶久が我が子に伝えたこと

結婚をすると、夫か妻のどちらかの名字が変わるのは不便だ。

パスポートなどさまざま書類で名義変更をしないといけない。仕事相手に新しい名前を覚えてもらうのも一苦労。だから、"通称"として旧姓を使い続ける人も多い。

ソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)もその一人だ。2001年に結婚し、妻の姓「西端」を正式な名前にしたが、仕事上は旧姓を使い続けている不自由さ。

そのため、夫婦別姓を選べないいまの戸籍法は男女平等を定めた憲法に反するとして、2018年春、国を相手に裁判を起こす準備を進めている。

司法になぜ訴え、子どもたちにどう説明したかを青野氏に聞いた。

#家族のこと教えて 1歳・きのこちゃんの冒険「みんなにバイバイって手をふるの」

「こわい顔だった人もみんなにっこり顔になって、なんだかたのしい!」

#家族のこと教えて 1歳・きのこちゃんの冒険「みんなにバイバイって手をふるの」
特集「家族のかたち」では、0歳から100歳まで、さまざまな人たちに「家族のこと教えて」と尋ねていきます。第2回は1歳・きのこちゃんの登場です。

きのこちゃん(あだな) 1歳2カ月、 保育園児 / 東京都(母談)

「この子の親になりたい」14歳の難民少年が、“普通の”ドイツ人夫婦と家族になるまで

たった1人でドイツに来た少年たちを引き取った「里親」たちの声

「この子の親になりたい」14歳の難民少年が、“普通の”ドイツ人夫婦と家族になるまで
「難民危機の年」と呼ばれたドイツの2015年。通年で89万人の難民庇護希望者が入国した。

ドイツに入国した者は未成年者が多く、この中には家族を伴わず単身で入国した少年たちも少なくない。彼らのドイツ社会への融合は、これからがむしろ正念場と言える。

ラマット少年が単身ドイツに渡ったのは14歳のときだった。ドイツで里親を得た彼が語る「将来の夢」とは?

「今日、家族ができたよ!」養子になった子供たち、こんなに幸せ(画像集)

みんな、本当に幸せそうな笑顔。

「今日、家族ができたよ!」養子になった子供たち、こんなに幸せ(画像集)
アメリカのNPO「Together We Rise(TWR)」は、児童養護施設や里親のもとで暮らす子供たちのために、勉強道具や自転車、教育プログラム、奨学金を提供している。また、養子縁組を希望する家族を助ける、ボランティアの育成にも携わっている。

彼らが始めたのが、養子に迎えられた子供たちを写真に残し、InstagramFacebookに投稿するプロジェクトだ。

ダウン症のお兄ちゃん、妹が描いたら...? クスっと笑える家族の日常をイラストにした深い理由

「ダウン症の家族との生活ってどういうもの?」

ダウン症のお兄ちゃん、妹が描いたら...? クスっと笑える家族の日常をイラストにした深い理由

「ダウン症の家族との生活ってどういうもの?」

そんな疑問に答えてくれるイラストエッセイが出版された。ダウン症の兄、ヒロさんの日常を妹の佐藤美紗代さんが描いた『ヒロのちつじょ』(太郎次郎社エディタス)だ。

ちょっと日常をのぞいてみよう。

勝手に家までついてきたのら猫、気付いたら家族になっていた

勝手に家までついてきたのら猫、気付いたら家族になっていた
その痩せっぽっちで汚れた猫に出会ったとき、カリフォルニア州ロサンゼルスに住むコナー・マニングさんは恋人と別れたばかりだった。

猫は、落ち込んでいるマニングさんに甘えてきて離れようとしなかった。

あまりの可愛さに、マニングさんは猫の行動をツイートし始める。

それは、人間と猫の間に生まれた、深い絆の始まりとなった......。

10人の子どもを育てるママ。実子が4人いるのにどうして里親をするの?

10人の子どもを育てるママ。実子が4人いるのにどうして里親をするの?

親が育てられない子供を、別の家庭で一時的に育てる「里親制度」。

里親制度で親になるのは、自分では子供を産まなかった人や、自分の子育てを終えた人たちなのかと思っていた。

ところが、実子が4人いながら、自宅を「ファミリーホーム」にして親が育てられない6人の里子たちを実子と一緒に育てている女性が千葉県にいた。

実子4人だけでも多いのに、なぜ里親を? ファミリーホームを始めた理由は? 女性の家を訪ねて、その歩みを聞いてみることにした。

ヘンリー王子が婚約 亡き母のダイヤモンドで愛を伝える

「この最高な結婚の旅路を、母が僕たちと一緒にいてくれるように」と願いを込めたという。

ヘンリー王子が婚約 亡き母のダイヤモンドで愛を伝える

かねてより交際が報じられていたイギリスのヘンリー王子(33)とアメリカ人女優のメーガン・マークルさん(36)が婚約した。11月27日、英国王室が正式に発表した。

ヘンリー王子とともに、インタビューに応じたメーガン・マークルさん。

プロポーズについて「素晴らしいサプライズで、自然で、優しくて、ロマンチックだった」と語った。

ゲイも結婚して子育てできる。北欧の"ふたりぱぱ"は伝えたい 「昔の自分のように諦めないで」

ゲイも結婚して子育てできる。北欧の

同性婚が認められている多くの国では、同性カップルによる子育ても珍しいものではなくなっている。日本でも公言はしていないものの子育てをしているレズビアンカップルは実は少なくない。

しかし、ゲイカップルとなると少し事情が違ってくる。自分たちで出産することが出来ないゲイカップルが子育てをするのは、レズビアンよりもハードルが高い。そんな状況のなか、北欧のスウェーデンで同性婚をして子育てすることを選択した日本人男性がいる

「お産は、すごくかっこいい」ふたりの写真家が“命が生まれる瞬間”を撮りつづける理由

流産にも物語がある。帝王切開にもあたたかいお産はある。

「お産は、すごくかっこいい」ふたりの写真家が“命が生まれる瞬間”を撮りつづける理由
今まさに子どもを産もうとする女性の息遣い、今まさに地球に誕生した赤ちゃんの命。その圧倒的な存在が輝きを放つ——。

ふたりの写真家はなぜ出産を撮りつづけるのか。その瞬間を写真に残すことにどんな意味があるのか。「どんなお産にも幸せがある」「命のその瞬間を撮りたい」と語った、言葉を紹介する。

全盲の夫婦は、こんな風に愛し合い家族をつくった。包み隠さず「幸せ」を語る理由

全盲の夫婦は、こんな風に愛し合い家族をつくった。包み隠さず「幸せ」を語る理由

「大好き、あなたが大好き」。静かな教会のチャペルに、ソプラノが響く。傍には、微笑んで聞き入る夫。

ステージにいるのは、声楽家の大石亜矢子さんと、弁護士の大胡田誠さん夫妻。ふたりとも、まったく目が見えない全盲だ。足下に寄り添うのは、盲導犬のイリーナ。

ふたりは2010年に結婚し、子どもが2人生まれた。どちらも目が見えない状態で子育てをするのは、それはそれは大変なはず、と思いきや......。

産まずに赤ちゃんを育てる2つの方法 里親と養子縁組ってどこが違うの?

産まずに赤ちゃんを育てる2つの方法 里親と養子縁組ってどこが違うの?

子どもがお父さんとお母さんから産まれた親子。親が別のパートナーと再婚した親子。子どもを他の人に頼んで産んでもらった親子。

家族の形はさまざまで、その人から産まれたことだけが、親子の証ではない。自分で産まなくても、子どもを授かることはできる。

その方法の一つが里親と養子縁組。何となく聞いたことはあっても、あんまり馴染みがないし、どこか難しそう。そもそもどんな制度で、どんな違いがあるのだろうか。まとめてみた。

シングルファーザーを生きる~子ども食堂を立ち上げた思い~

シングルファーザーを生きる~子ども食堂を立ち上げた思い~

静岡・浜松市でひとり親支援や子ども食堂の運営などを行っているNPO法人サステナブルネットの渡邊修一さんは離別後、長時間労働で働きながらも、2人のお子さんを育てた。

その後、父子家庭の支援を始めたことをきっかけに、子ども食堂にも力を入れている。その思いの根底にあるものは何であろうか。

育児で夫婦喧嘩しそうになったら... 4ページのマンガにハッとさせられる

育児で夫婦喧嘩しそうになったら... 4ページのマンガにハッとさせられる

Twitterユーザーの平八さんがTwitterに投稿した「頑張って疲れている人は、みんな労られて欲しい。」と題する育児マンガが話題になっている。

描かれているのは、子供の世話に追われて家事が間に合わなくなっている妻と、仕事でなかなか早く帰れない夫の夫婦喧嘩。

険悪な空気になったふたりの前に登場したのは「イタワリ仮面」。ふたりが必要としていたものを、教えてくれました。

「これが僕に幸せを運んでくれる妻」ちょっぴり笑えるふたりの生活、夫がキュートなイラストにしてみた

「これが僕に幸せを運んでくれる妻」ちょっぴり笑えるふたりの生活、夫がキュートなイラストにしてみた
イスラエルのテルアビブに住むアーティストのイェフダ・デヴァートさんは、妻のマヤさんとの日々の暮らしをマンガ風のイラストにしている。

「イラストのインスピレーションは、毎日の生活から得ています。描かれているのは実際に起きたことばかりです」と話すデヴァートさん。その生活とは...。

夕飯は別々に。「察して」は禁止。うまくいく共働き夫婦の3つの心得

夕飯は別々に。「察して」は禁止。うまくいく共働き夫婦の3つの心得

独身時代は、結婚生活に憧れを抱いていた人も多いのではないだろうか?

わたしもそのひとりである。ところが実際に結婚してみると、イメージしていた結婚生活とはかけ離れていたりするものだ。「またケンカしちゃった...」「なんでこんなにうまくいかないの?」。SNSをのぞくと友達の夫婦が幸せそうに見える。

出会いから結婚、そして現在に至るまで、夫婦の愛をつづってきたアルテイシアさんに、「お互いが機嫌よく、楽しく過ごす」ために必要な3つの心得を聞いた。

「どんな親でも必要なのは愛」 塩崎恭久氏が語る里親と特別養子縁組のこれから

“子どもの権利“の法制化に努力した元厚労相

「どんな親でも必要なのは愛」 塩崎恭久氏が語る里親と特別養子縁組のこれから

さまざまな事情で、生みの親の元で暮らせない赤ちゃんや子どもは約4万人もいる。その受け入れ先の多くが施設。家庭で育てる里親・特別養子縁組は、なかなか浸透していない。

ところがここ数年、そんな状況に変化の兆しが。2016年5月に児童福祉法が改正され、すべての子どもを「家庭」で育てる原則が盛り込まれた。今年8月には、里親の委託率75%以上という目標を掲げた「新しい社会的養育ビジョン」も打ち出された。

人種の違う人と付き合っていると、こんなことを聞かれます。 #家族のかたち

人種の違う人と付き合っていると、こんなことを聞かれます。 #家族のかたち

今では信じられないかもしれないが、アメリカでは肌の色が異なる人たち同士が結婚できない時代があった。

しかし1967年、アメリカ最高裁は「異人種間の結婚禁止は、憲法に反している」という判決を下した。

それから50年。アメリカでは人種の異なるふたりが付き合ったり、結婚したりするのは珍しいことでなくなった。だけど......。

「わけあいたいのは、わかりあいたいから」台所洗剤「JOY」の動画が子育て世代に刺さった理由

「わけあいたいのは、わかりあいたいから」台所洗剤「JOY」の動画が子育て世代に刺さった理由
台所洗剤「JOY」(P&G)のキャンペーン動画「ふたりでわけあうもの」への共感が広がっている。

11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで制作した作品で、2日に公開後、3週間近くで340万回以上再生されている。

「わけあいたいのは、わかりあいたいから。」というメッセージとともに、とも稼ぎの夫婦双方の日常の中の、家事分担を巡る葛藤をリアルに描いたCMには、「朝からいいもの見た...言葉にしないで飲み込んでること、言いたくないこと言わせてること、ないかな」など、共感のツイートが目立つ。

「きなことじいじ」のストーリー。一匹の猫がおじいちゃんの笑顔を取り戻した

「きなことじいじ」のストーリー。一匹の猫がおじいちゃんの笑顔を取り戻した

写真家のデュポン洸子さんが、引き取り手のいなかった子猫のきなこを家に連れて帰ったのは2012年。

家族に無断で連れてきたので、初めの1カ月は自分の部屋だけで飼っていた。しかしある日、部屋をのぞきにきた94歳のおじいちゃん「じいじ」が、きなこをみつけた。

じいじはどちらかと言えばアンチ猫派。そのじいじの目が、きなこをみつけた途端に輝いて......。

産みたいのですか、育てたいのですか?――特別養子縁組で親になるという選択

産みたいのですか、育てたいのですか?――特別養子縁組で親になるという選択
親が育てられない子どもを引き取り、法律上も親子となって育てる特別養子縁組。生まれた家庭で育つことが難しい子どもたちに、新たな家庭を見つける方法として、欧米諸国を中心に広く根づいています。日本でも昨年、児童福祉法が改正され、全国の自治体で今まで以上に積極的に、特別養子縁組の拡充に取り組んでいくことがうたわれました。

子供は欲しい、男は要らない…あえて“シングルマザー”を選択する理由 経験者を迎え、SHELLYとAbemaTVで赤裸々トーク

子供は欲しい、男は要らない…あえて“シングルマザー”を選択する理由 経験者を迎え、SHELLYとAbemaTVで赤裸々トーク
ライフスタイルが多様化する中、結婚という形をとらず、最初からシングルマザーを選ぶ女性たちがいる。
それが「選択的シングルマザー」だ。一人で産み育てることを選んだ女性たちはなぜその道を選んだのだろうか。

「本当のきょうだいなの?」よく聞かれるけど…私たちは家族です。

「本当のきょうだいなの?」よく聞かれるけど…私たちは家族です。

「血がつながってなくても、子どもたちは本当のきょうだいなの?」

養子縁組で子どもを迎えた親たちの多くが、こう質問される。

アメリカでは、11月は養子縁組月間。ハフポストUS版が、養子縁組した家族に子どもたちの写真をシェアしてくれるようFacebookページで呼びかけたところ、多くの写真が集まった。

「母は、怒らなかった」学校に行かなくなった時、娘にかけた言葉... 4ページのマンガが話題

「母は、怒らなかった」学校に行かなくなった時、娘にかけた言葉... 4ページのマンガが話題
「なんとなく学校に行かなくなったことがある」 学校に行かなかった数日間を描いたマンガがTwitterに投稿され、半日後には5万いいねを超えるなど反響を呼んでいる。

ツイートしたのは、イラストやマンガを発表しているelizaさん(@eliza_yuki2017)。高校時代を振り返り、学校に行けなかった数日間をやわらかいタッチで描いた。